通訳は、クラシックバレエやコンテンポラリー/モダンダンス、その他カウンセリング等の個人セッションの分野での経験があります。翻訳は、補完医療と自己啓発に関する文献に特化した翻訳を手掛けています。

自分が長年をかけて学び、経験を積んでいる分野です。

通訳歴

ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部主催バレエセミナー(4年間専属通訳)

TBS主催アダム・クーパー演出舞台「危険な関係」、舞台裏及び取材通訳

American Ballet Theaterプリンシパル、リン・チャールズのクラス通訳

ナチュラルスピリット主催 Hari Tahil氏(Lifeforces) ワークショップ通訳

Hari Tahil氏(Lifeforces)個人セッション通訳

パスワーク・イン・ジャパン、アリソン・グリーン・バートン個人セッション通訳

<バレエとダンス、その他ヒーリング業界その他のバックグラウンド>

カナダ国立バレエ学校卒業

コンテンポラリーダンス振付家、勅使川原三郎の下でダンサーとして舞台を踏む

バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング日本校で2年間学ぶ

高橋大輔氏のフラワーエッセンス講座に参加し、花について学ぶ

ニールズヤードレメディーズにてアロマセラピーインストラクターコース(52時間)を受講

2019年4月より王由衣さんが学長をつとめるスクールオブヒーリングアートアンドサイエンセス(SHAS)の統合エネルギー療法科の専門課程生として在籍し、少しでも地球のためになれればという思いから、人間や自然の生命について様々な角度から学びを続けています。

その他の詳しいプロフィールはこちらをご参照ください

翻訳歴

TBS主催アダム・クーパー演出舞台「危険な関係」パンフレット翻訳・英国事務局とのやり取り文書翻訳

バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング日本校、3年生の生徒に1年専属で付き、レポート課題の翻訳を担当

2013年より現在まで、フラワーエッセンスのFES総輸入元であるフラワーエッセンス普及協会のパンフレット・研究報告書の翻訳

2016年よりクラウドソーシング型翻訳サービスの株式会社gengoにプロトランスレーターとして登録。シニア・チェッカーによる総合評価は10中9.5 翻訳内容はニュース、エンターテインメント、ファッション、各種取扱説明書、ITと多岐。様々な分野の文章に触れることで視野が広がり充実した経験になっています。

2019年より新たな試みとして Pathwork in Japan にてパスワークのガイドレクチャー翻訳チームの一員としてエヴァ・ピエラコスの言葉を英語から日本語へ変換する仕事に携わっています。

翻訳参考文書

翻訳のサンプルを以下にリンク致します。

2017 New Year’s Greetings from Flower Essence Society, FES(翻訳)

リーヨン・スーのエコ・ファッションブログ Style Wilderness より「結婚式にはお金がかかるって、誰が決めたの?」(翻訳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow☆