(Artemisiaーヨモギ を飾って)

 

新型コロナウィルスの感染拡大。

日々飛び交うニュース。

何が正しい判断、そして行動なのかを思案する日々。

長期臨時休校の子供達との日々。延期になるお仕事再開。

それでも、春は変わらずやってくる。

 

私は自然が大好き。子供の頃から自然に触れると、とってもワクワクします。

岐阜市は、ちょっと散歩に出てみると、人がいない川辺や草原がそこここにあります。こんな時期に自然に囲まれて暮らすことはなんてありがたく、恵まれていることかと思います。ちょうど子供達の学校も臨時休校、仕事もパッタリ。急に、無理矢理、時間ができちゃった。こんなことでもなければ休もうとしない私にはピッタリだ。プレゼントのようなこの時間に、野に出て植物との時間を楽しんでいます。何しろ、感染させる恐れも、感染する恐れもない。人がいないのだから!

(初めてカタクリの花を見ました)

(Brassica-菜の花)

 

(Glechoma Hederacea-カキドオシ)

 

小さい頃からの自然に対するワクワクの感覚と、今になって自然と共にゆっくりと時間を過ごした時に入ってくる感覚が、時を超えて出会い始めているのを感じます。この感覚を、育てていきたい。

そして思う。

私たちが、地球の一部であるということ、母なる大地の子供であるということを、しっくりと再び思い出せますように。そしてそうやって、生きていけますように。

 

↓フラワーエッセンスのFESからフラワーエッセンス普及協会へ宛てられた新年の挨拶を、翻訳させていただきました。心動かされる情熱的な言葉です。

http://www.afeej.org/